トランポリン、西岡「銅」 世界選手権最終日:東京新聞 TOKYO Web


 男子個人決勝で演技する西岡隆成=バーミンガム(共同)

 【バーミンガム(英国)共同】トランポリンの世界選手権最終日は12日、英国のバーミンガムで行われ、個人決勝の男子は西岡隆成(近大)が60・640点で銅メダルを獲得した。今大会、日本にパリ五輪出場枠をもたらした西岡は2位に入った2021年大会以来の表彰台。堺亮介(バンダイナムコアミューズメント)は8位だった。

 厳浪宇(中国)と女子のブライオニー・ページ(英国)が、ともに2年ぶり2度目の優勝。

 非五輪種目シンクロナイズドの女子決勝で森ひかる(TOKIOインカラミ)宇山芽紅(スポーツクラブ テン・フォーティー)組は48・490点で4位となり、2連覇を逃した。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *