日本、アルゼンチンに敗戦 サッカーU―17W杯:東京新聞 TOKYO Web


 アルゼンチン戦で攻め込む高岡(右)=バンドン(AP=共同)

 【ジャカルタ共同】サッカーのU―17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)は14日、インドネシアのバンドンなどで1次リーグ第2戦が行われ、D組の日本は高岡(宮崎・日章学園高)が得点したもののアルゼンチンに1―3で敗れ、両チームが1勝1敗の勝ち点3で並んだ。セネガルはポーランドに4―1で勝ち、2連勝の同6で首位。日本は決勝トーナメント進出を懸けて17日にセネガルと対戦する。

 C組のイングランドはイランを2―1で下して2戦2勝。ブラジルは9―0でニューカレドニアに大勝して1勝1敗とした。

 1次リーグは6組に分かれ、各組1、2位と3位の上位4チームが決勝トーナメントに進む。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *